刺激が極めて少ないマイナチュレ

妊娠中でも安心な育毛剤のおススメはマイナチュレです。

長い実績を持つレディース育毛剤です。

テレビでも取り上げられ、2014年度モンドセレクション金賞受賞するほどの実力です。

また、モニターアンケートでは90%近い人が満足していると答えたリピーターが多い育毛剤です。

刺激がなく、香りもない、妊婦さんだけでなく産後で授乳中の人や、敏感肌の人にも適したものなのです。

また、育毛シャンプーや育毛サプリの商品もあり併用して使用すれば効果は絶大です。

マイナチュレの成分は41種類の植物成分生薬、10種類のアミノ酸などが中心です。

当然、香料、保存料、着色料などは一切使用していません。

全てが完全無添加の育毛剤で胎児に対する影響は全くありません。

またマイナチュレは定期コースなら3790円と育毛剤の中では最安値の価格です。

しかも、定期コースにはポイント還元2倍など6大特典まであります。

全額返金保証も90日間あり、効果が出ない人でも心配せずに購入出来るのです。

また、使用感もベタつかずにサラサラしており、匂いも全くないので安全な上に使用している事に気付かれないので嬉しい限りです。

育毛ケアガイドや、メールや電話での無料育毛相談も出来、サポートも万全な育毛剤です。

 

 

安全な育毛剤アンジュレオール

安全なレディース育毛剤としておススメなのがアンジュレオールです。

元々アンジュレオールは産後の抜毛対策を主体として作られた育毛剤なので、授乳中でも安全な育毛剤と言え、妊娠中にも安心なものなのです。

アンジュレオールの主成分は女性ホルモンに近いイソフラボンを多く含んだヒオウギエキスを使用しています。

この成分がホルモンバランスを整え、薄毛の原因の黄体ホルモンの増加を抑制するのです。

もちろん着色料、香料、保存料など一切使用していない完全無添加です。

その他に重要な成分はセンブリエキス、アマクサ、ジフェンヒドラミンHCIです。

これらも自然由来のもので全く危険性も副作用もありません。

アンジュレオールは7980円と育毛剤ではちょうど中間の価格です。

ですが、定期コースで注文すると5980円になるので、費用の負担は少ないと言えます。

また、90日間の返金保証制度があり安心です。

通常、育毛剤の効果が明確に確認出来るのは個人差はあるものの多くは約3ケ月と言います。

つまり丁度90日程度と言う事になります。

しかも4回目の購入からはVIP割引で更に800円の割引があります。

そう言う側面から見ても何かとお金が掛る時期の育毛剤購入には適したものと言えます。

 

 

 

育毛剤は本当に妊婦にとって危険?

妊娠中は黄体ホルモンの分泌の増加で発毛サイクルがくるってしまう事で抜け毛が増えます。

ですが、人によってはそれは一時的な場合もあり、産後約半年あたりには治ってしまう人もいます。

それに対して逆に治らない人もいます。

また、産後に治るからと言って妊娠中に抜毛が多い事で薄毛でいるのは女性としては気分のいいものではありません。

髪は女の命と言う位ですから、妊娠中と言えど気は遣っていたいものです。

だからと言って、薬の服用や、場合によっては髪を染める事もパーマも駄目と言う事も少なくありません。

それほど胎児はデリケートなものなのです。

細心の注意を払っていなければならない中、育毛剤を使用すると言う事は恐いものです。

しかし、本当に育毛剤は危険なのでしょうか?

安心出来る育毛剤はないのでしょうか?

この答えはYESともNOとも言えます。

危険な育毛剤はプロペシアとミノキシジルと言う成分が配合されているものです。

また、配合成分に着色料、保存料、香料がある場合も胎児に重大な影響を与える可能性があるので避けましょう。

育毛剤の中には全て自然由来の成分しか配合していない無添加のものがあります。

そういうものは安全なのです。

自然由来の成分にも充分発毛育毛に効果を発揮するものはあるのです。

 育毛と妊娠は関係性があるのか?

妊娠中は抜毛が多くなる!?

妊娠中でも薄毛や抜毛は気になるものです。

妊娠前はそんな事はなかったのに、妊娠した途端薄毛や抜毛が多くなった。

そんな人は意外に多いのです。

しかし、何故そんな事になるのでしょうか?

その原因の一つはプロゲストロンと言う黄体ホルモン分泌が活発になり増加する為なのです。

この黄体ホルモンが増加するとホルモンバランスが崩れ、髪の毛が生まれ変わるサイクルが乱れるのです。

しかも、抜毛のサイクルは早まってしまうと言う事態になるのです。

二つ目の理由は胎児に栄養がいってしまうので頭皮に栄養が行き渡らずに抜毛が増えるのです。

産後は多くの人が疲弊し、消耗しているものです。

歯が駄目になる人や、髪の毛が弱くなったり、産前とはがらりと体質が変わるものです。

子供を産むと言う事はそれだけのエネルギーを要するものであると言う事です。

また、ある意味命を削っているとも言えます。

それほど、妊娠している間は栄養やエネルギーが胎児に奪われていると言う実証です。

この2つの理由で抜毛が増え、薄毛になってしまうのです。

その他に大きな理由ではないのですが、何かと多忙で髪のケアが出来なかったり、常に清潔にしておく事が物理的に無理だったりと言う理由もあります。